大きさ

2016/03/16

花粉の大きさはPM2.5や黄砂と比較するとどのくらい?

花粉症の人にとって、今が一番つらい時期ですよね。

明日はスギ花粉が大量に舞うそうです。

ところで、花粉やPM2.5の大きさを表す単位としては、
μm(ミクロン)を使うのが一般的です。

そのμm(ミクロン)がまた分かりにくいのですが、
1μmは、1mmの千分の1の長さだそうです。

つまり、1μmは、0.001mmということになります。

で、気になる花粉の大きさは、スギ花粉が約30μm(0.03mm)、
ヒノキ花粉が約40μm(0.04mm)だそうです。

また、PM2.5の大きさが、2.5μm(0.0025mm)。

黄砂の大きさは、3μm(0.003mm)だそうです。

ということは、スギ花粉とPM2.5や黄砂との大きさを比較すると、
10倍以上も違うということですね。

ちなみに、PM2.5や黄砂は粒子が非常に小さいため、
呼吸するだけで肺の奥深くにまで入り込んでしまうとか。

そのため、気管支炎やぜんそくなどになりやすいそうなので
注意が必要ですね。




diary2187 at 18:44|Permalink